2017年6月26日月曜日

『マッキンゼーが予測する未来』で予測しようとしてみたら...

皆さん20年前ってPCとか携帯持ってました?


ぎりぎり持ってたか持ってないか... というのが普通のご家庭でしょうか。


私は18年前にピッチ(PHS)を初めて持ちました。(今や沖縄にだけ生息する絶滅危惧種。)PCも似たようなタイミングだったような気がします。


こうやってPCで当たり前のようにくだらない文章を纏めて、人知れず、でも読みたい人がいれば世界中で携帯からでも読めるように発信しているわけですが、20年前にはこんな世界が来るとは思っていませんでした。


では... 20年後には何が起きているんでしょうね。


そんもん分かるかーーーっ!!!  とか言ってると思考停止になっちゃうので、少し考えみよう。そのためにちょっと考えてみたり本でも読んでみるか、という話です。

2017年5月5日金曜日

深淵なる世界、英国。

MBA受験生の相談に乗るとよく聞かれる質問の一つ。それは...


「MBAを取ったことで仕事でどう活きていますか?」


結論として「答えに窮するくらい色々活きる!」といったところです。


で、その中の一つとしては以前記事にした通り、PEという仕事に活きています。(こちらをご参照)


そして違う側面としては、海外で新規事業を起こしたりする時にも大活躍です。

そもそもMBA行く前は英語で仕事することすら怪しかったので、当たり前ですが。


そんな中、MBA後に英国で新たな投資ビジネスを展開してみたわけなんですが、まぁ大変。

まず何言ってるのか分からない、というMBAの序盤で味わったあの苦しみをもう一度食らう羽目に。


今日はそんな話。



2017年3月15日水曜日

不良債権投資(NPL投資)とは?

前回に続き、投資業務シリーズ!


今回は前回よりも更にマニアックな... 不良債権投資です。


NPL(Non-performing Loan)とか呼ばれたりもします。


映画や本で流行ったハゲタカってヤツです。


「ハゲタカ」の映画も見てなければ本も読んでないのですが、きっとあまり泥臭い側面は本で描かれていないのだろうと思います...。


2017年2月26日日曜日

MBAとプライベート・エクイティ(PE)

プライベート・エクイティ(PE)という仕事は皆さんご存知でしょうか?

私がこの業界に入った又は入ろうとしていた2000年前半~中ごろには知っている人はかなりレアだったのですが、最近は結構有名になってきているように思います。

とは言え、まだまだマニアックな仕事なので、凄い簡単に説明すると....

1. 会社に投資する
2. 会社をより良くするために頑張る
3. 良くなった会社を上記1.より高く売る

という仕事です。

こんな二郎の社訓よりも短い纏め方をすると簡単そうに見えますが、まぁまぁ大変で頭も体も使うしプレッシャーもあるし、でも面白い仕事です。

(ラーメン二郎社訓はこちら。二郎の味が乱れると宇宙に影響がありますので皆さん二郎を大事にしてください。)

今日はPEとは何か、そしてそんな仕事にMBAがどう活きてるのか、という話を。


2017年2月11日土曜日

Kellogg Interview Day (略してKID)

今年は明日、すなわち2017年2月12日(日)が例年のエーザイ株式会社で実施されるKelloggのInterviewの日のようで。

これを関係者ではKellogg Interview Day (KID)と呼んでました。

良いタイミングなので、ちょっとKIDとその他個別面接との関係性等を説明しておこうと思います。


その前日に色々書かれても...

ってか直前にこんなブログ見てる余裕ないわ...

もっと早く言えよ...

と言われてしまいそうですが、これを見たら合格率が上がる、とかそういう内容ではないのでご安心を。

直前でやる気が出ずにブログを眺めている人、または来年以降の人のためになれば...



2016年12月18日日曜日

Interviewer(MBA面接官)として最近思うこと

冬になるとMBA受験のInterviewを思い出しますね。

私は11月くらいまでスコアメイクに苦しんでいたので冬が本番。

年末年始も記憶が無くなるくらいEssay書いてInterviewの練習して、って日々でした。

そんな中、何となくふらっとブログ見ちゃったりしますよねー。わかりますよ。えぇわかりますとも。


実は私も卒業後はMBA受験の面接官をたまにやっています。

年に多くて3人、少ないと1人とかのペースなので気軽な母校への恩返しってヤツ。

そんな面接官をしていてここ1-2年で思うことがありますので、書いて良さそうな範囲で思ったことを書こうと思います。

書いて良い範囲の判断が絶妙に難しくはありますが...

2016年12月15日木曜日

米国で2年間だけ過ごした子供

うちの息子は生後半年で米国に来ました。

ちなみに、自分が留学する1ヶ月前に生まれたので、最初半年は自分が一人で留学し、半年後に後から来た感じです。


まぁその辺はさておき、米国で2歳近くになった頃、一般的に早いのか遅いのかは良く分かりませんが、英単語を話し始めてました。


例えば、Car, Fire Track, Train, 後は数字ですね。


幸いにも妻はアジア系ママ友が沢山出来ていたので、なんか良く分かりませんが、英語とか韓国語とか単語レベルで覚えてました。

そして…やはり発音がいい。羨ましい。人生交換したい。


で、満2歳 + αで帰国したわけですが…